記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

Back To School Nightに行ってきた

昨日(8月19日)、Ryu の留学先中学校で「Back To School Night」という新年度最初の行事があり、Ryu と私で行ってきた。先週二人で日本からアメリカに戻り、やっと時差ぼけから脱出しつつあるところ。Ryu としても2ヶ月以上ぶりの登校なので、やや緊張したようす。さすがに、今年はどんな先生の授業を受けるのかは、子供にとって一大事だろうと思う。ましてや英語力がまだまだこれからのRyu にとっては、先生の話し方や雰囲気は極...

続きを読む

校長先生の評価調査

昨日、学校の質的評価の調査票を記入したことを書いたが、先学期の終わり頃、校長先生の評価についての調査があった。この校長先生の評価調査は、School Districtが実施する調査で、生徒の親が記入してSchool Districtに直接送付する形だった。この調査も、昨日のものと同様、5段階評価で質問に回答する形式で、校長先生に関する以下の質問が含まれていた:① リーダーシップに関する質問(2問)② 判断力に関する質問(3問)③ ...

続きを読む

学校の質的評価のための調査

今日Ryu が、学校の様々な面の質的評価をするための調査票を持ち帰ってきた。親が回答し、学校に提出するというもの。Indicators of School Quality (ISQ) Surveyと呼ばれるもので、アメリカ全体でそこそこの数の学校がこの調査に参加しているとのこと。(13州、1,200の学校)5段階評価で回答する30の質問と(①強く同意、②同意、③分からない、④同意しない、⑤強く同意しない、の5段階で回答)、Yes/Noで回答する15の質問の合計45問、...

続きを読む

お菓子をご褒美にするのは良いことか、悪いことか

昨日の「お菓子で「釣る」ことへの反発」の続き。学校が組織的にお菓子を頑張ったことへのご褒美にするというのは良いことなのか、悪いことなのか。Ryu は感覚的に良くないことだと感ずるわけだが、学校としては、おそらく、悪い点もあるだろうが、良い点のほうが悪い点を上回ると考えるから、このシステムを続けているのだろう。いろいろと考えてみると、私もRyu の意見に賛成だ。勉強を頑張るというのは、頑張ったことに対するご...

続きを読む

お菓子で「釣る」ことへの反発

A校では、勉強で頑張ったり、学校やクラスの手伝いをやったりするとポイントカードがもらえ、お菓子、ジュース文房具等と交換できる。(関連記事:「学校でポイントカードをゲット」)また、今学期のCTE(キャリア教育)ではビジネスに関するトピックが焦点で、仮想貨幣を使っているらしい。これも同様にお菓子と交換できるとのこと。(関連記事:「ビジネスのクラス」)Ryu 自身は、学校のこういうやり方を見て、相当な反発を感じてい...

続きを読む

学期の最初に各クラスでやること

こちらでは学期の最初に各クラスで、その科目の内容、課題の種類、成績のつけ方、教材、留意点等が書かれたシラバスのようなものが配られる。(このプリントは、Disclosure Statement(内容告示書)と呼ばれる)どの科目も、プリントの最後の部分に、生徒の名前・署名欄、保護者の署名欄があり、内容を確かめた上でサインをして、その部分を提出する。科目によっては、保護者から先生に伝えておきたいことを書く欄もある。今学期は...

続きを読む

ひとまずクリスマス休暇

Ryu たちの学校の秋学期の終了は1月中旬だが、ひとまずこの24日からクリスマス休暇に入った。年明けは4日から始まる予定だ。この休暇の間の宿題は、どうやら科学のクラスのものがあるだけのようす。私自身は所得の申告の準備で一時帰国し、Ryu はアメリカに残って、義姉夫妻らと休みを過ごす。かみさんは、年末から年始にかけてアメリカに行く予定。たまたまカナダに居る妹が今月出産し、私の母がカナダを訪れている。なので、母は...

続きを読む

学校に忘れ物を取りに行けない

ちょっと前のこと。科学のテストが翌日にあるのに、Ryu はテスト範囲のプリントを学校に忘れてきてしまった。学校は自転車で行ける距離ではなく、仮に何とか行ったとしても、間借りしている家がかなりの高台にあって自転車に乗って上がってくるのは事実上無理。だから、車で行くしかない。プリントがないと勉強できないので、しょうがなく車に乗せて取りに行った。午後5時ぐらいだった。学校に着き、Ryu が校舎の中に入ろうとした...

続きを読む

みんな変な格好で学校に

昨日は、ほとんどの生徒が変な格好で学校に来たそうだ。今週はRed Ribbon Weekという麻薬など防止のキャンペーンで昨日の木曜は、変な格好をして学校に来ることになっていた。(Red Ribbonについては「学校でも麻薬など防止キャンペーン」)魔女の格好、マイケルジャクソンの格好、体じゅうが大きなソーセージの格好、同じく体じゅうが大きな電話の格好、レゲエあたまの男の子、顔を完璧に真っ白に塗って目のまわりを黒く口の周り...

続きを読む

先進的?なランチ代支払いシステム

Ryu の学校のランチ代は、適当な金額を前払いして、毎日自分が選んだ食事分の代金が引かれていくという具合。ランチは広いカフェテリアで、カウンターでいくつかの選択肢から適当に自分で選んで、レジで金額を計算、テーブルに持って行って食べる、食後は食器・トレイを所定の場所に返すというシステム。入学時に、学校で現金で前払いし(うちの場合は150ドル払った)、日々引かれて行っているが、残額は、成績が見れるアカウント...

続きを読む

学校でも麻薬など防止キャンペーン

今週の土曜がハロウィーンなので、ひょっとして学校でも何か行事があるかなと思い、先生にメールで聞いてみた。そうしたら、ハロウィーン関係ではないが、麻薬などの防止キャンペーン関係の活動を今週やるという。Red Ribbon Week と呼ばれている活動らしく、ネットで見てみると毎年10月にアメリカで行われている、アルコール・タバコ・麻薬・暴力防止の啓もう活動だそう。Ryu の話では、学校ではどうやら麻薬(Drug Free)に焦点...

続きを読む

学校でポイントカードをゲット

Ryu の通うA校には日本の塾のようなシステムがある。いろいろなものと交換することができるポイントカードを発行し、生徒にごほうびとしてあげている。そうじなど学校の手伝いをやったり、各科目でがんばったりするとポイントカードがもらえ、ためるとポイントに応じて、いろいろなものと交換可能という。例えば: - ジュース - お菓子 - 文房具 - Whole Pizza(大きなピザまるごと)Whole Pizzaは30ポイントためないとダメで、実...

続きを読む

クラブ活動がない。。。

こちらの公立中学校では、どうやら一般的に、学校が組織し、ほとんどの生徒が入るようなクラブ活動というのはないようだ。A校で、放課後の活動があるかどうか聞いたところ、いくつかのスポーツについては希望者を募って組織するそうだが(どうやら期間限定)、年間を通しておこなう活動はないようす。先般、クロスカントリーランニングの募集があって、とりあえずRyu は希望を出したが、実際に始まったら、やっぱりやらない、と言...

続きを読む

トレードフェアのような個人面談

先週、Parent-Teacher ConferenceというのがA校であったので行ってみた。Conferenceという名前がついているので、会議形式のようなものかなと思ったりしたが、かなり感じが違っていた。要するに個人面談の大規模版だった。いつもは仕切りがある体育館とカフェテリアの間の仕切りをはずし、体育館+カフェテリアの広いスペースを使って、学校の先生全員(何十人)がそれぞれの個人面談コーナーを設定し、親が自由に先生に話をしに行...

続きを読む

先生たちとメールでやりとり

中学校での新学期開始から約1か月たったが、この間、学校の先生たちと何度となくメールのやりとりをした。Ryu が十分わからなかった連絡事項の確認とか、課題をどうやればいいかの相談、学校の課外活動についての照会等だ。どの先生も、メールを出したその日のうち、あるいは、翌日の朝いちに回答を返してくれる。学校が始まってすぐに、各科目の先生に直接会いに行って、こちらの事情(Ryu の英語力のことなど)を具体的に話した...

続きを読む

今日オバマ大統領が学生に語る

先週、A校からの通知で、今日(9月8日)オバマ大統領が、アメリカの学生に向けてスピーチをする、との連絡があった。そして、学校でそのスピーチを学生皆で見るという。こういうところは、アメリカはえらいと思う。国のトップ自らが、自国のこれからを担う子供たちに対して、直接、叱咤(しった)激励を行う。そして教育行政を通じて、トップの声が学生にきちんと届くよう準備が進められる。日本でも、尊敬できる立派な国のトップ...

続きを読む

プロフィール

Author:中学留学
日本の保育園と公立小に通った少年Ryuが首都圏中学受験をトライするも、今ひとつ受験勉強に身が入らず、中学からアメリカB州のA校に留学。父(私)から見た中学留学観察の記録と、私の頭に想起した諸々の考え

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。