記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

日本への「侵略」の状況

この動画みると、日本人が如何に平和ボケかがよくわかる。...

続きを読む

右も左も関係なく(TPP問題)

TPP問題、といっても何のことかわからないかもしれない。私自身、簡単に分かりやすく説明する知識も力も持ち合わせていない。しかし、私たちの国、日本の人々に対して、長期にわたって大きな影響を及ぼしかねない問題であることは、まちがいない。もし時間のある方は、是非下記の討論をのぞいてみてほしい。【討論!】TPP問題と日本の行方...

続きを読む

どうみてもおかしい民主党代表選

民主党のすることは納得の行かないことが多い。多すぎる。民主党の場合、永住権を取得していなくても、在日の外国人が、党員・サポーターになれる。そして、党員、或いは、サポーターになった外国人も、日本人党員・サポーターと同様に、民主党代表選で投票できる。うちはかみさんが外国人で日本在住。かみさんも、もし年間2000円を支払えば民主党サポーターになれる。そして、代表選の投票資格も得る。一方、民主党の党員・サポー...

続きを読む

鳩:あきれて物も言えず

この人の言うことは、本当に聞きたくない。8月28日付のネット版新聞記事で、ロシア訪問中の鳩山氏が記者団に対し、代表選で小沢氏を支持すると表明した理由について下記のように説明した、と書かれていた。「小沢氏は政権交代を導き、私を首相へと導いた。その恩には恩返しするべきだ」「恩には恩返しするべきだ」だって?これが国民・国益のために尽くすはずの政治家が、メディア(すなわち国民)に向かって言う言葉だろうか。こ...

続きを読む

菅小鳩:信用できない民主党の面々

民主党が政権を取ってから、民主党首脳の言動には失望させられっぱなしだったが、未だに好転する兆しすら見えない印象である。菅氏の首相就任以降の、マスコミを通じて報じられた言動を見聞きする限り、この人の言っていることは、どうも信用できない。そして今現在進行中の、民主党代表選に向けての動き。鳩山前首相・小沢前幹事長があのように辞任しておきながら、なんで、小沢氏が代表選に出馬するのか。そして、なぜ鳩山氏が今...

続きを読む

夫婦別姓について

民主党が夫婦別姓法案提出に躍起になっているようだが、私は夫婦別姓には賛成できない。共働きの夫婦が増えたことにより、「当の夫婦」にとってみると別姓の選択肢を与えられる方が、社会全体として利便性が増すのは疑いないだろう。しかし、「子供」にとってみると、両親が別姓であることの違和感は一般に相当大きいと思う。多くの夫婦が別姓を選択するようになると、社会全体として負の影響がかなり大きくなると思う。親が別姓だ...

続きを読む

「揺らぎは宇宙の真理」? こういう言葉は聞きたくない

ネットの新聞報道で知ったが、鳩山首相が11日、記者団に対して以下の発言をしたという。「物質の本質は『揺らぎ』。多くの意見を聞いて大事にする過程で、揺らぎの中で本質を見極めていくのが宇宙の真理ではないか」この人は、自分がどういう立場に居るのか、真剣に考えたことがあるのだろうか。この人の度重なる、首相のものとは到底思えない発言を聞かされるたびに、日本人として本当に情けなくなる。できるだけ早く政治の中枢か...

続きを読む

最高裁が政治的配慮?(永住外国人参政権付与問題)

前に永住外国人への地方参政権付与の問題について書いたが、参政権付与支持派の大きな根拠になっていると言われる最高裁判決の「傍論」部分について、当時の最高裁判事が「政治的配慮があった」と明言しているとの記事を見た。下記がこの判事の証言についての一連の記事(こういう記事はやはり産経)「政治的配慮あった」外国人参政権判決の園部元最高裁判事が衝撃告白園部元判事証言、外国人参政権推進派には大きな打撃「外国人参...

続きを読む

日本の技術への信頼

もし、こちら(アメリカ)の人から、トヨタのリコールの話が出たら、以下のようにさらりと言おうと思っていた。「業界のことや事件の詳細は知らないが、トヨタは海外での生産をちょっと拡大しすぎたのかもしれない」つまり、急激に「海外生産」拡大をしすぎたかもしれない、そして、そこに何らかの原因があるのでは、ということを言外に含む反応。そして、これ以上のコメントはしないという具合。ただし、自分の中で根拠皆無、という...

続きを読む

「外国人参政権の理論的支柱が自説撤回」記事

先日、外国人参政権付与には断固反対との記事を書いたが、(その記事:「永住外国人への地方参政権付与には断固反対」)外国人に地方参政権を付与できるとする参政権「部分的許容説」を日本で最初に紹介した中央大教授が自説を撤回するとの記事が出ていた(産経ニュース)。以下がその記事:外国人参政権をめぐる長尾教授インタビュー詳報「読みが浅かった」「法案は明らかに違憲」 外国人参政権の理論的支柱が自説を撤回学者・知...

続きを読む

永住外国人への地方参政権付与には断固反対

このブログの全般的な内容からすると、かなり唐突かもしれないが、永住外国人への地方参政権付与には断固として反対だ。地方選では小差で当落が分かれる可能性が高い。人口が少なく、領土問題(主権・安全保障・領海における資源確保の問題)に直接関係する離島等を含む地方自治体において、日本国民でない人たちの政治的影響力が大きく増す可能性が否定できない。これが最大の直接的な理由。より大きい視点では、私自身は以下の立場...

続きを読む

鳩山首相・小沢氏:この人たちは日本をどうしたいのか

このお二人は、日本を一体全体どうしたいのだろうか。どういう方向に日本を持っていきたいのだろうか。具体的に語って欲しい。ネット経由の情報で見るかぎり、この人たちを信頼に足る日本国家のリーダーだと思うことは到底できない。民主党が政権を取ったら日本の政治は益々迷走するという見方もあったが、その通りになりつつあるように思う。確かに参院過半数割れの民主党にとって、連立政権の維持が極めて大切なことは理解できる...

続きを読む

日米関係どうなるのだろう?

先日乗った飛行機で、となりに座った米軍での勤務経験が長かった人と、教育や軍事について話をした。(教育のことは以下記事:「アメリカの高校について聞いてみた」)軍事に関して、彼自身は、総選挙以来の鳩山政権と米国政府の間のやり取りについてはあまり知らなかったようで、私の方からは大まかにこんなことが起きているとの話をした。(主に沖縄米軍基地の問題)多分、またこういう問題か、と思ったのだろう。次のような趣旨...

続きを読む

プロフィール

中学留学

Author:中学留学
日本の保育園と公立小に通った少年Ryuが首都圏中学受験をトライするも、今ひとつ受験勉強に身が入らず、中学からアメリカB州のA校に留学。父(私)から見た中学留学観察の記録と、私の頭に想起した諸々の考え

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。