記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

韓国人中学留学のからくり(?) (2)

韓国人がどうやってアメリカ公立中学への留学をしているか、についての話を下記記事で書いた。「韓国人中学留学のからくり(?)」この話は、アメリカに語学留学している韓国人から聞いたが、その際、彼女が興味深いことを言っていた。からくりは、要は、お母さんが留学する形をとり、子供を帯同させ、留学先で学校に入れる、というもの。語学留学が一般的とのことで、この語学学校というのがミソらしい。要するに、このパターンで...

続きを読む

韓国人中学留学のからくり(?)

韓国からアメリカへの中学留学生が多いとの印象を持っているが、以前に、アメリカに語学留学している韓国人女性と話す機会があり、そのからくり(?)の一部を少し聞くことができた。米国「大学」への韓国人留学生は、中国人留学生とならび、アジア人留学生の中で圧倒的に多く、日本人留学生をはるかに超える、という報道を見聞きする。加えて、韓国では、子供が小さいころから留学させる家庭が多く、お父さんが自国で働き、お母さ...

続きを読む

中学・高校留学のすすめ

私は、より多くの日本人に中学・高校の段階で海外に留学して欲しいと強く思う。これは、大学院の段階から留学した自分の経験、同様に大学院の段階から留学した多くの日本人と接してきた経験、及び、高校で留学した経験のある何人かの日本人と接してきた経験から、強く思うことである。(関連記事:「トヨタ社長の英語力」)(親御さんの仕事の都合により海外で学んだという、通常の意味での帰国子女の人とも、個人的に何人かと接し...

続きを読む

入学権利放棄した去年の今頃

去年、もし中学留学しなかった場合に、Ryu を通わせようと考えていた日本の私立中学への入学を最終的に放棄したのが去年の今頃だった。Ryu の中学受験は結局2勝2敗で、受かった一方の学校に入学金を支払った。入学金納付は2月上旬で、その時点ではまだ実際に留学するかどうか全く不透明だったため、入学の権利は確保しておこうと考えたためだった。そして2月末から3月上旬にかけてアメリカを訪れて、その際、少なくとも、中学校入...

続きを読む

入院中に考えたこと

(「さあ英語をどう始める?(6)」の続き)上の記事で、夏に一時帰国したときに入院してしまい、Ryu の中学入学までにアメリカに戻れるか心配になったことを書いたがこの時は、ある意味腹をくくって、楽になった。すぐに治らなかったら、1年くらい留学を遅らせても別にどうってことないな、と考えた。仮に1年完全に遅れてしまい、1年後に中1の課程から始めないといけないとしても、長い人生、大した違いはない。なんとなく子供の...

続きを読む

中学アメリカ留学スタート!

いよいよアメリカB州での中学留学生活のスタートだ。8月25日に新入生のオリエンテーションがあり、26日に授業開始。といっても本人はさっぱり分からないので、親もちょこちょこ学校に出向き、各教科の先生と話をして、いろいろなことを確認。親にとってもアメリカの中学校は未知の世界だ。期待もあるが、不安も大きい。興味深くもある。さあ、新しい世界で、頑張ってみよう。...

続きを読む

プロフィール

Author:中学留学
日本の保育園と公立小に通った少年Ryuが首都圏中学受験をトライするも、今ひとつ受験勉強に身が入らず、中学からアメリカB州のA校に留学。父(私)から見た中学留学観察の記録と、私の頭に想起した諸々の考え

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。