記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

歴史の教室で印象的だったこと

Ryu が通っていたアメリカ中学校の歴史の教室で、とても印象的だったことがある。(久方ぶりのブログ書き)向こうの中学は、どこかでも書いたが、先生は自分自身の教室で授業を行い、生徒がぐるぐる回って授業を受ける。だから歴史の教室も、担当の先生自身の部屋。つまりは「歴史のクラスの部屋」だ。だから壁には、歴史に関係する写真や貼り紙がいろいろと貼ってある。例えば、主要な歴代大統領の写真とか。とても印象的だったの...

続きを読む

アメリカの歴史のクラスはローマから

アメリカの歴史のクラスは、ローマの時代からの流れから入っていくようす。学期開始前にあったBack to School Nightで、各クラスの概要を聞いたが、歴史の先生の話では、アメリカ合衆国成立の歴史的経緯から、ヨーロッパの歴史を概観することが不可欠で、ローマの時代からの流れをやっていきます、とのことだった。(関連記事:「Back To School Nightに行ってきた」)それはそうだ。だから「アメリカの歴史」のクラスと言っても「...

続きを読む

社会では再び週2で本読み

先学期、社会(B州の学習)で週2のペースで小説読みをやったが、今学期も同じく週2で本読みが始まったとのこと。(以前の記事:「小説読みはハードだ。。。」)他の生徒は基本的に授業の中で読むわけだが、Ryu の場合はとてもついていけないので、先学期は本屋でその本を買い、家でやっていた。(学校では、学校が所有する本を使っていて、他のクラスでも使うため、家に持ち帰ることができない)しかし先学期の課題図書は小説で、読...

続きを読む

B州の伝説を考えて書かせる

Ryu の社会の授業で、また想像を超える宿題が出た。社会ではB州の学習をやっているが、州の物理的特徴を含めた伝説を考えて記述するというもの。特定の特徴を入れるというような縛りはない。自由に書いていいようす。どういう物理的特徴(自然)を取り上げるか、メインの登場人物はだれか、どういうセッティングにするか、を書いて、その上で伝説を2枚で書く。宿題の説明書きで、「伝説」とは以下のようなものとある。○ 世界に存在...

続きを読む

アメリカの歴史の授業では年表覚えがすこし楽?

社会は B州の自然・地理に続いて歴史をやっているようだが、Ryu の話を聞くと、日本の歴史と比べて、ずいぶんと特定年が出てくるのが遅い、というのを実感する。コロンブスが、後のアメリカ領になるプエルトリコに上陸したのが1493年11月19日、アメリカ大陸へのヨーロッパ人による最初の上陸(確認済)は、スペイン人のフアン・ポンセ・デ・レオンという探検家の1513年フロリダ上陸だという。もちろん、その前は長い先住民族(アメリ...

続きを読む

小説読みはハードだ。。。

前に、社会の授業で小説を読み始めたと書いたが、Ryu がこれについていくのはとてもハードだ。(以前の記事:「社会の授業で小説を読む?」)週に2日、それぞれで1章ずつ進んでいっているようだが、とてもおいつけない。授業では、その小説のテープをかけて、1日に1章まるまる黙読させながら聞かせ、そのあとに少し議論して、課題を書かせるようす。Ryu は、はっきり言って授業中はほとんど分からないようす。しかも、長い章は13...

続きを読む

社会の授業で小説を読む?

社会はB州の学習をやっているが、先週から火曜と木曜の2回は、B州を舞台にした小説を読んでいくことになった。(以前の記事 「7年生の社会は州の歴史だけ?」 でB州の歴史をやると書いたが、実際はB州についてのもろもろの勉強をやる様子)社会のクラスで小説を読むというのは奇妙だが、面白くもある。230ページくらいの本で24章あり、一日に1章ずつ進んで行くという。中1レベルくらいの読者を想定している小説だが、Ryu には相...

続きを読む

社会でReading Strategyの宿題

社会(B州の学習)で、「Reading Stategy」という課題が二つめの宿題として出た。教科書を「如何に読むか」という一つのフレームワークを教えるものだ。7年生にも十分わかる簡単な内容だが、最初に教科書の読み方(というより、教科書への入って行き方)を指導するというのは、なかなか面白い。私が見る限り、このReading Strategyの最大のポイントは、教科書の各項のサブタイトルをまず見て、どんなQuestionsを持つか、サブタイ...

続きを読む

7年生の社会は州の歴史だけ?

B州の公立中学校の7年生(日本の中1)の社会は、1年間通してB州の歴史を学ぶ。え?一年間ずっと州の歴史だけやるの?と思った。州といっても、日本の都道府県とは違って面積の点でははるかに広い。それにしても、この方針の裏にあるのは何なのだろう?推測だが、ここには州の強い意思が感じられる。他の州でも、同様なのだろうか?使う教科書はものすごく分厚く大きく重い教科書。どういう教育がなされるのか、とても興味深い。...

続きを読む

プロフィール

Author:中学留学
日本の保育園と公立小に通った少年Ryuが首都圏中学受験をトライするも、今ひとつ受験勉強に身が入らず、中学からアメリカB州のA校に留学。父(私)から見た中学留学観察の記録と、私の頭に想起した諸々の考え

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。