記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

オーケストラのクラス

Ryu は今学期の選択科目(Elective)として、オーケストラのクラスを取った。このクラスでは全員弦楽器をやるようす。バイオリン、ビオラ、チェロ、ベース(コントラバス)の4種類から好きなものを選んで、その弾き方を学んでいく。年2回のコンサートも予定されている。Ryu はバイオリンを選択した。Ryu にとって弦楽器は全く初めて。使用する楽器については、学校が所有するものを、年間ある一定料金で借りるか、自分で買うか、外...

続きを読む

鳩:あきれて物も言えず

この人の言うことは、本当に聞きたくない。8月28日付のネット版新聞記事で、ロシア訪問中の鳩山氏が記者団に対し、代表選で小沢氏を支持すると表明した理由について下記のように説明した、と書かれていた。「小沢氏は政権交代を導き、私を首相へと導いた。その恩には恩返しするべきだ」「恩には恩返しするべきだ」だって?これが国民・国益のために尽くすはずの政治家が、メディア(すなわち国民)に向かって言う言葉だろうか。こ...

続きを読む

菅小鳩:信用できない民主党の面々

民主党が政権を取ってから、民主党首脳の言動には失望させられっぱなしだったが、未だに好転する兆しすら見えない印象である。菅氏の首相就任以降の、マスコミを通じて報じられた言動を見聞きする限り、この人の言っていることは、どうも信用できない。そして今現在進行中の、民主党代表選に向けての動き。鳩山前首相・小沢前幹事長があのように辞任しておきながら、なんで、小沢氏が代表選に出馬するのか。そして、なぜ鳩山氏が今...

続きを読む

英語のクラスの目標:「批判的精神」

今学期の各クラスの概要のプリントをRyu と共に読み、全クラスのプリントに署名を終え、学校への提出のためRyu に持たせた所。(このプリントについては以前に下記の記事で書いた:「学期の最初に各クラスでやること」)このプリントには、クラスの方針、目的・目標、進め方・活動、出される課題の種類、諸々のルール、学生の責務、親・保護者の責務、成績算出の方法、先生との連絡方法などが書かれている。今回もっとも印象に残っ...

続きを読む

8年生前期の時間割

今年前期のRyu の時間割は下記のようになった。毎日この時間割で勉強することになる。1:Fitness 8(体育)2:Language Arts 8(国語=英語)3:Integrated Science 8(総合科学)4:US History 8(アメリカの歴史)5:ESL(English as a Second Language)6:Orchestra 1(オーケストラ:初心者用)7:Geometry(幾何学)結局、昨年度後半に希望した通りの時間割になった。(関連記事:「8年生時の受講科目(現状案)」上記...

続きを読む

8年生開始

昨日(23日)、新学期が始まった。Ryu だけでなく、私の方も若干緊張気味。特に、先生の言っていることが分かるだろうか、というのが一番の心配事。昨日帰ってきてからいろいろと聞いてみたが、去年の新学期開始当初は、先生の言うことが全く分からなかったが、今年は、そこそこ分かったようす。これは、こちらとしても助かる。ただ、クラスによっては授業中に終えるべきことができないとか、分からないときに助けが必要といったこ...

続きを読む

アメリカの子供にとっての夏休み

Ryu の通うA校の今年の夏休みは、6月上旬から8月22日までで、およそ2ヶ月半。一般の日本の学校の夏休みと比べると、一月ちょっと長い。この週末、Ryu の友達のお父さんが、夏休み最後の週末ということで、他の友達らと一緒にRyu を近郊のAmusementパークに連れて行ってくれ、私自身も参加させてもらった。そのお父さんの話によると、確かに一般の学校の夏休みはとても長く、子供も相当退屈する。また、親としても、どう過ごさせた...

続きを読む

韓国人中学留学のからくり(?)

韓国からアメリカへの中学留学生が多いとの印象を持っているが、以前に、アメリカに語学留学している韓国人女性と話す機会があり、そのからくり(?)の一部を少し聞くことができた。米国「大学」への韓国人留学生は、中国人留学生とならび、アジア人留学生の中で圧倒的に多く、日本人留学生をはるかに超える、という報道を見聞きする。加えて、韓国では、子供が小さいころから留学させる家庭が多く、お父さんが自国で働き、お母さ...

続きを読む

Back To School Nightに行ってきた

昨日(8月19日)、Ryu の留学先中学校で「Back To School Night」という新年度最初の行事があり、Ryu と私で行ってきた。先週二人で日本からアメリカに戻り、やっと時差ぼけから脱出しつつあるところ。Ryu としても2ヶ月以上ぶりの登校なので、やや緊張したようす。さすがに、今年はどんな先生の授業を受けるのかは、子供にとって一大事だろうと思う。ましてや英語力がまだまだこれからのRyu にとっては、先生の話し方や雰囲気は極...

続きを読む

アニメ「誇り~伝えよう この日本のあゆみ」

昨日、日本の歴史についての記事を書いたが、たまたまとても面白い、表記のタイトルのビデオをYouTubeで見つけた。英語版もあると、なおいいと思う。「誇り~伝えよう この日本のあゆみ」(1/3)(2/3)(3/3)...

続きを読む

失われる学びの機会(2):日本の歴史

中学から留学させた場合に、先般書いた古文・漢文よりも、日本の歴史を学校で系統的に勉強しなくなることが、私としては気にかかっている。以前にも関連の記事を書いた:「日本の歴史教科書を持ってきた」「歴史を学ぶとは」留学先での今年度の社会は「アメリカの歴史」をやるので、日本の歴史にも触れたり、少しは日本のことについて英語で説明(あるいは書けたり)できるといいと思うのだが。そんなこともあり、少し前に「英語対...

続きを読む

留学により古文を学ばないことについて

昨日、Ryu は古文・漢文を中高で学ぶことはおそらくないだろうと書いた。中高時代、古文・漢文が苦手で、あまり興味を持てず、それ以降も、殆ど触れてこなかった私が、古文についてなにか言うのはおこがましい気持ちもあるが、だからこそ言いたいというのもある。日本の古典文学が世界的にみてもとてもレベルが高い、ということをよく見聞きする。どう高いかは私自身はよく分からないが。一体どういうところがどう優れているのか、...

続きを読む

プロフィール

中学留学

Author:中学留学
日本の保育園と公立小に通った少年Ryuが首都圏中学受験をトライするも、今ひとつ受験勉強に身が入らず、中学からアメリカB州のA校に留学。父(私)から見た中学留学観察の記録と、私の頭に想起した諸々の考え

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。