記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検や数検がもてはやされる一つの理由

高校受験のための説明会に足を運ぶと、英検や数検(数学検定)
がもてはやされる理由の一つが理解できる。

前回、一部の私立高校の入試における優遇措置について
書いたが、これに直接関係する。(前回記事は下記)
「模試の成績で高校に入れる?」

前回書いたように、中学校での内申点、あるいは、民間の
模試の偏差値が、一定のポイントに達していれば、これらの
学校の入試において優遇措置をうけることが可能。

そして、英検とか数検で、これこれの級を取得していれば、
内申点、あるいは、模試の偏差値に一定の点を上乗せして
くれ、上乗せされた「後」のポイントに基づいて、優遇
措置の条件をクリアしているか否かが判断される。

何級で何点加算されるかは学校によるし、どのように加算
されるかも学校による。

ただ、たとえば、英検・数検の両方で加算対象の級を取得
していても、どちらかいい方しか考慮されない、というのが
一般的の様子。

例えば、英検・数検の両方で準2級を取っていても、ダブル
で加算されることはない、という具合。

こういう基準を設定する学校があれば、たとえ限られた数の
学校しかやっていなくても、この類の検定を中学生が受ける、
或いは、親が受けさせるインセンティブは格段に高まる。

前に小中学生の英検取得状況について少し書いたが、特に
中学生の受験者が増加する要因の一つとなっているのだろう。

英検についての記事: 「小中学生の英検1・2級合格者増」

こういうやり方がいいのか、よくないのかは、見方・考え方、
立場によって分かれるだろう。

(続く)

スポンサーサイト

コメント

初めまして。

初コメ失礼いたします。

ただ今小学校4年生の男児の母です。
小学校卒業したらアメリカに移住予定です。

息子が幼稚園の頃、アメリカのキンダーに通ってましたが私が体調を崩したため日本へ帰国。小学校卒業を待って再び渡米予定です。
しかし、5歳の頃とは条件が違い過ぎると思い、どのような手順や計画で渡米するべきか今情報収集している中、こちらのブログへ辿り着きました。
一番はやはり息子の語学について重要視してますので、渡米前にある程度語学留学させた方が良いのか、学年を落として現地校に通わせようか…などなど検討しています。

またお邪魔させて頂きますv-82

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:中学留学
日本の保育園と公立小に通った少年Ryuが首都圏中学受験をトライするも、今ひとつ受験勉強に身が入らず、中学からアメリカB州のA校に留学。父(私)から見た中学留学観察の記録と、私の頭に想起した諸々の考え

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。